スマホでイラストならアイビスペイント一択!その魅力と注意点をご紹介

こんにちは、きよせむ(@kiyose_m)です。

あなたは、手描き(アナログ)で絵を描いていますか?デジタルで描いたこともありますか?

私もアナログで描いていますが、アナログは毎回制作のために時間とお金がかかります。一方、デジタルで描くとほぼ初期費用のみで描けて修正もすぐできるので便利です。

  • アナログを活かしつつ、デジタルも描いてみたい。
  • タブレット端末もない、パソコンもスペックが足りない
  • お金もない

というデジタルイラスト初心者のあなたには、
アイビスペイントのアプリを使ってスマートフォンで描くことを強くおすすめします。

アイビスペイントとはお絵かきツールのひとつで、ブラウザ版とアプリ版があります。私のようなデジタルイラスト初心者でもこのアプリを使ってさっくり描くことができています。

このブログのカットは全部アイビスペイント Xで描いてるよ!

アイビスペイント-お絵かきアプリ

アイビスペイント-iOS

アイビスペイント-Android

この記事では、アナログからデジタルに移行する人やデジタルイラスト初心者にとって「スマホでアイビスペイントを使う」ことの魅力と注意点をご紹介していきます。

1.アイビスペイントの良いところ

無料で始められる

アイビスペイントはスマートフォンさえあればアプリが無料でインストールできます。

無料の「アイビスペイント X」と有料の「アイビスペイント」がありますが、初めてやるなら無料の「アイビスペイントX」でも十分です。

デジタルイラストを描こうと思ったときに、熟練のイラストレーターさんは何十万もするようなタブレットやモニターを紹介していますが、初めてならまず無料でサクッと挑戦してみたほうが手ごたえをつかみやすいです。

アイビスペイントXで始めてみて、もっとデジタルで描いてみたいと思えばいろんなソフトや機器を検討したらいいですし、ちょっとした資料やブログのカットに必要なだけであればアイビスペイントのみで大丈夫です。

ペイントやExcelでやってきたことが活かせる

あなたはWindowsのペイントやExcelでイラストを描いたことがありますか?

アイビスペイントは、WindowsのペイントやExcelで出来なかったことがExcelなどと同じ簡単さで出来るところが魅力です。たとえばお絵かきツールで重要なレイヤー機能などがあります。

私は接客系事務でちょっとしたカットやPOPを頼まれたときに、会社の複合コピー機のスキャナーでアナログ絵を取込み、(さほど使ったことのない)ペイントを駆使しながら作っていましたが、やはり濃度調整など、余分と感じる手間がたくさんありました。

アイビスペイントではペイントの塗りつぶしと同じ感覚でレイヤーや範囲選択もできるので、これまでの操作よりもぐっとラクに描くことができます。

アナログ線画抽出機能

アイビスペイントの一番の魅力が、アナログ線を線画として抽出できるところです。

自分で描いたアナログ線画をスマホのカメラで撮影し、アイビスペイントアプリを起動して線画抽出ツールを使うことで、とっても簡単に線画をデジタルに取り込むことができます。

アナログ線を取り込むときによくある線のがたつきやかすれも、ブラシや消しゴムで修正したり線画レイヤーを複製して重ねることである程度カバーができます。

また、アナログ線のがたつきをそのまま活かして描いても味わいある作品に仕上がります。

2.アイビスペイントの有料版と無料版の違い

アイビスペイントには、有料版の「アイビスペイント」と無料版の「アイビスペイントX」があります。

有料版と無料版の違いは3つです。

  1. 広告の有無
  2. ブラシの選択肢
  3. プレミアム会員(有料版ユーザー)限定素材とフォント

「2.ブラシの選択肢」についてですが、アイビスペイントはブラシの種類も豊富で、その数は無料より有料のほうがやはり多いです。でも、有料ブラシを無料でも使うことができます。

無料でブラシを選択しブラシ一覧に表示されるアイコンをタップし動画を視聴すると、18時間限定で有料含む全てのブラシが使えるようになります。

1日に描く時間が18時間以内であれば有料無料の差はありません。実際私は無料のみで有料ブラシを使っていますが、特に不便と感じたことはないです。動画も流している間にトイレ行ったり雑用をすれば時間の無駄になりません。

3.アイビスペイントXでつくるアイキャッチ用画像

参考までに、私はこんな感じで簡単に作ってますというデモンストレーションをダイジェストでお送りします。

使うもの:iPhone7と指、アイビスペイントX

1.紙に鉛筆でざっくり描く
実寸は7cmの正方形におさまるくらいです

2.ペン入れ、消しゴムかけ→デフォルトカメラで撮影
このくらいのものであればペン入れ過程はカットしてアプリで直描きでもよかったです。

3.アイビスペイントアプリ起動→画像取り込み
画像取り込みをすると線画抽出しますか?とお誘いが来るのでOKをタップ

4.黒・白・中間色のバーを動かし、丁度良くなるよう調整する
調整したら拡大して消しゴムで余分なゴミの確認と除去

5.ざっくり塗りつぶして完成

4.スマホでアイビスペイントを使うときの注意点

バッテリー消耗が激しい

元の画像やキャンバスサイズが大きいほどバッテリーやアプリの消耗が激しく、何回かアプリが落ちたことがあります。

キャンバスサイズに合わせてアナログ画像を縮小するほうが消耗しないんですが、その場合線のガタツキがかなり目立つので画風に合わせて操作手順を入れ替えると良いと思います。

画面が小さいので肩が凝る

スマホの小さな画面で髪の線など細かな部分や色合いを描いていくので、ものすごく肩が凝ります。
冷え症や肩こりがよくあるのなら、適度に休憩をはさみながら制作しましょう。

5.『スマホでイラストならアイビスペイント一択』のまとめ

アイビスペイントの魅力が伝わったでしょうか。

デジタルイラストを描いてみたいけど資金不足という人にとって、すぐインストールできてアナログとデジタルの併用もしやすいアイビスペイントはまさにうってつけです。

あなたもインストールしてお手軽にデジタルイラストを描いてみましょう。

線画を抽出する以前にアナログ絵を上達させたい!というときは『絵が上手くなりたい人にクロッキーを激推しする3つの理由』の記事もおすすめです。

クロッキーもやって、アナログとデジタル、どちらも楽しんで描いてみませんか?

今回使用したアナログ画材はこちら。

ほどよく滑らかな紙質で紙目も細かいので画像取り込みの邪魔にもならず、ペンでもするすると描けます。
全行程アナログのときは必ずお世話になっているマルチライナーのウォームグレーセット。温かみのあるグレーがいろんな色に合わせやすいです。
広告
広告

よかったらシェアしてってね!