noteで作品公開中

自分にガッカリする自分から脱却するために私がやった3つのこと

こんにちは、宮本清世です。

先日LINEでこのようなメッセージを頂きました。

「手描きの絵やデッサンをすると、間違えた時に消すのが億劫だ。
消しゴムで消していくと、だんだん紙がぐしゃぐしゃになってそれを見てへこむ。
自分という人間が、どうしようもなくダメに思える。」

まっすぐにお話しくださってありがとうございます!

私もいまだに下絵をつくるときは何回もくしゃくしゃにしてしまいます…

うっわ~~ってなりますよね笑

でも、それだけ自分がよりよいものを作ろうとして試行錯誤した結果なので
まずは挑戦した!という自分をほめてあげましょう!

こんなにくしゃくしゃになるまで俺は挑戦したんだZE!俺スゲー!
くらいのノリで!

とはいえ、テンションが下がるのも一時の事実です。

ということで今回は、「自分にガッカリする自分から脱却するために私がやった3つのこと」をお話ししようと思います。

1.階段思考を取り入れた

1-1.階段思考ってなに?

あなたは「階段思考」という言葉を聞いたことはありますか?

ビジネス書を読むとたまーに出てきます。

かんたんに言うと、「大枠の目標を設定して、それを達成するための小さな行動目標を設定する考え方」です。

ダイエットがいい例で
(大目標)ウエスト5センチ細くする
(小目標)3日に1回ひねり運動する、寝る前にストレッチをする などです。

1-2.階段思考をやってみよう

では、絵にまつわる目標で階段思考にトライしてみましょう。

〇〇さんのような絵が描けるようになる」が大きな目標だとします。

それを達成するためには、どんなことができますか?
ちょっと考えてみましょう!メモに書き出してもOKです。

…どうですか?
思い浮かびましたか?

○○さんのような絵が描けるようになるためにできる行動の一例
  • 〇〇さんのメイキングを見る
  • 同じ画材を買う
  • 色使いを真似する、模写する
  • 自分なりに〇〇さんの描き方を分析する
  • ○○さんの絵によく使われているモチーフのデッサンをする

などなど。

「○○さんみたいな絵を描く」よりも、ちょっと具体的な行動になりましたね。

ここから、さらに考えてみましょう。

さきほど考えた行動目標を達成するには、どんなことができますか?

↑ねこのぬいぐるみにしようとしたらきつねさんになりました。
  • 〇〇さんのメイキングを見るために→YouTubeで動画を探す
  • 色使いを真似するために→絵具を買う・画集を見る

ぐっと具体的になりました!

こうして大きな目標を先に決めて、そこに到達するためにいまできる行動って何があるかな?
と分解して考えていく
と、

大きな目標に対する「あぁできていない」のガッカリから
「そのために今はこれをやっている」と自分が着実に進んでいる実感が湧いてきます。

2.チャレンジ精神をほめちぎる

2-1.自分をいたわる

先の階段思考では、大きな目標達成のための小さな行動目標を立てました。

冒頭でも少し触れましたが、小さな目標を達成したらちゃんと自分を誉めましょう!
ごほうび制でもいいです。

また、達成できていなくても、チャレンジした自分すごい!と誉めましょう。

たとえば

一日10枚クロッキーをする!という目標を立てていて

クロッキー帳を持ったけど描けなかったであれば、

「クロッキー帳を持って描こうとした挑戦の事実」がありますよね。

それ、誉めましょ!

挑戦の歴史が刻まれた…と中二病に言い換えるとちょっと楽しいかもしれません笑

2-2.私も自己嫌悪タイプでした

もともと、私自身はできていない自己嫌悪を強く感じるほうでした。

なんでこれしきのことができないのか。どうして続かないのか。
なんで達成できないのか…。

絵や事業のお勉強をしているのに「いまだに何もできていない自分」にガッカリして
一週間何も手につかずマンガを読みふけり現実逃避するなんてこともしょっちゅうありました。

そんなときに階段思考という考え方を知り、小さな行動目標を立てました。

当時手帳に書いていた小さな行動目標は

  • 一日一回SNSにログインする
  • 動画編集アプリを立ち上げる
  • 鉛筆を持つ
  • 絵筆を洗う

こんな些細なものでした。すんごい簡単ですよね笑

ほかには、大きな目標はスマホの壁紙にして、常に目を通せる状態にしたり。

達成できたら赤線でシャッと消して爽快感と達成感を味わっていました。

3.仲間を見つけた

3-1.仲間=同志

仲間というか、同志や共闘できる人というイメージですね。
これはいちばん効果が高かったです!

絵をつくる作業や勉強って、基本的には孤独ですよね。

もちろん何かを成すにはひとりの時間が必要ですが、そのぶんひとりでダメダメループに陥りやすくもなります。

孤独の悪いループから抜け出すには、仲間のちからを借りちゃいましょう!

志の高さや地点が同じ仲間を見つけることで自分のこころの換気ができるからです。

「共に頑張ろう」
「この人のやりかたいいな、自分にも取り入れてみよう」

と、自分を応援する力やアイデアが湧いてきます。

ほんとうにダメなときでも、誰かにぽつりぽつりとお話しすることで、自分自身の頭の整理ができます。

3-2.人づきあいが苦手なんですが…というあなたへ

いきなり仲間といっても人付き合いが苦手だとハードルがすごく高く感じる方もいると思います。

私は人付き合いが苦手で、リプライなんて心臓吐いちゃう!!!くらいの人でした。
一言返信するのも投稿するのもめちゃくちゃ時間がかかるタイプです。

そんな人里に降りられなかった私ですが、ありがたいことにメンターとなる方と出会えて
その人つながりで仲間と出会うことができました。

仲間といっても絵仲間である必要も大勢である必要もなく、個々の目指すところがあってそれに向けて切磋琢磨できるような同志です。

少し先を行く先輩や、自分と同じ位置から進もうとしている方、もっと先を行く方…
さまざまな出会いがあり、得るものはとてもたくさんあります。

もし仲間がいないというのであれば、まずはひとり見つけるのを目標にしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私はLINE登録してくださった方は勝手に仲間だと思っているので、あなたの仲間は確実に1人います◎

LINE公式アカウントやってるよ!

4.まとめ

『自分にガッカリする自分から脱却するために私がやった3つのこと』についてお話ししました。
いかがでしたでしょうか?

絵の上達、目標達成、がんばれていない自分。

何かを目指すとき、いやなことがグルグル回ってしまう時期はあります。

そしてそれは、乗り越えることができます。
なぜならこんな私でも乗り越えたから。

自分のこころを過剰に追い込まず、人と支えあいながら
すこしずつ階段を登れば大丈夫です。あなたは進んでいるのだから。

あなたもわたしも、共に進んでいきましょう!

それではまた!

広告
広告

よかったらシェアお願いします!

お気軽通信
LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、更新のおしらせをゆる~く配信しています。クロッキーや絵にまつわるご質問から絵手紙・マンガの話など、お気軽にお使いください 友だち追加

YouTubeチャンネル
絵であそぼう
カカントカンテレビ

「絵であそんで、考える力をつける」をコンセプトに、小さいお子様向けお絵かきクイズ『これなあに?』などを配信しています。