愛知県文化芸術活動応援金で思ったこと

たまには期間限定で時事ネタをお話ししようと思います。

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言のさなかで、私が住んでいる愛知県で「文化芸術活動応援金」なるものが発表されました。

愛知県文化芸術活動応援金‐愛知県公式ウェブサイト

私も気になったので読みました。今回は文化活動応援金について思ったことを書きます。

文化活動応援金ってなに?

文化芸術活動関係者を支援するための寄附

公式にも書いてあるように、新型コロナの影響を大きく受けた「文化芸術活動関係者」を支援するための「文化振興基金」を、応援金として交付する案です。

法人で20万円、個人事業者で10万円です。

愛知県文化芸術活動応援金‐愛知県公式ウェブサイト

よーく読むと、まだ決定ではないんですね。
2020年5月14日付で、5月15日から寄附金の受付が始まるようです。

議会で案が可決されて、条件に合う人が申請してくれたらその人たちにお金をあげるよ、という流れです。

「文化振興基金」ってなに?

文化芸術活動応援金として使われるのが、「文化振興基金」です。

この文化振興基金というのは、ざっくりいうと愛知トリエンナーレの開催・維持費や愛知県で文化芸術活動をしている人に使われる寄附金のことです。

なので、「新型コロナだから芸術家やばいよね!お金あつめてみんなでアーティストを支えようぜ!」じゃなくて、実はもともと愛知県が県の文化芸術活動のために集めているお金です。

その集めていたお金を、緊急事態宣言などでいままでのように活動できなくなった人たちにちょっと分けようというのが大村県知事の提案です。

(5月14日)
この文化振興基金にプラスされるかたちで応援金が新規で募集が開始されます。
「愛知県文化芸術活動応援金」へのご寄附を募集しています-愛知県公式ウェブサイト

「文化芸術活動」をしている人ってどんな人?

アーティスト、文化にたずさわる人

文化芸術活動応援金の対象となる分野の人は、おもにアーティストや芸術家とよばれる人や団体です。

映画・演劇、音楽、美術などの活動をされている方や、いわゆる「道(どう)」の方、書道・華道・茶道なども対象です。

ほかにも能や囲碁など、伝統芸能や日本の文化従事者も含まれるとのこと。

自身の作品発表だけでなく、文化・芸術分野で教室を運営している人も対象のようですね。

愛知県文化芸術活動応援金‐愛知県公式ウェブサイト
詳しい分野は上記リンク先の下にある「よくある御質問(別紙)」に載っています。

率直な印象:なるほど、わからん

読み進めると、「その他」項目が現れます。

その他の教養・技能教授業:他に分類されない教養、技能、技術などを教授する事業所
例)囲碁教室、美術教室、舞踏教室

「別紙「愛知県文化芸術活動応援金」の対象となる文化芸術支援活動事業(予定)PDF」より

その他ってすごい便利でわからないですね!

この別紙PDF、音楽教室と芸術家業はちゃんと枠があるのに、絵画教室は「その他」に分類されてるのがモヤモヤします。

絵の技術を売っているとその他で、絵そのものを売っていると芸術家…?

小説家は文化活動家ではない…?

クールジャパンでも漫画家は文化活動ではない…?

なるほど、わからん

文化・芸術は「よりよく」生きるためのもの

文化芸術活動応援金についての概要をざっくりお話ししました。ここからは私の思ったことを書きます。

文化は大事

私は現在兼業なので応援金対象外なんですが、いまこれを提案するのはどうなのかなーと思います。

なぜなら、緊急性が高くないからです。

もちろん、人間にとって絵や音楽など「文化」はなくてはならないものです。

文化や芸術は、それらを通じて自分のこころと対話し、こころを豊かにするものだと私は考えています。

でもいまは、衣食住を優先したい人のほうが多いですよね。
それに、#家にいようで、ネットで文化を提供している人も多いです。

ということは、応援金を出すほどの緊急性はあまりないのかなと。

応援するなら

私がこれを運用するなら、ライブハウスなど、本当にリアルの人が来ないと経営できない人や団体のみを対象にすると思います。

インターネットとテレビと本があれば、なんとか家にいても文化は保てるので、もっと困ってる人だけに絞る!

あとは教育に充てて欲しいです。

いまおうちにいる子どもたちが未来をつくる世代なので、学校のオンラインコンテンツ設備を整えるのに使ってくれたら、愛知県スゴイって思います。

私も授業っぽい動画をつくろうかな。どんなのがいいですかね。

(5月14日追記)
生演奏とかは難しいですが、音源とか絵画の販路をつくってくれるだけでもいいような気がします。

制作活動補助として、県内施設の芸術品の紹介や伝統文化を伝えるための動画制作のお仕事依頼なんかもするみたいです。

この制作物は、のちのち愛知トリエンナーレのPRに使うんでしょうね。愛知おいでん的な!

個人的には、ライブハウスのヒストリーが見たいです。スガシカオのBGMが流れるやつ。
今池ハックフィンの歴史を辿る物語・ドキュメンタリーとか面白そうですね。

おわりに

愛知県文化芸術活動応援金について、思ったことを思ったまま書きました。

まだ可決されてないのでなんともいえないですが、適材適所で上手く活用できるといいですよね。

魂胆を見せず、面白いことやよりよい未来をつくるために使ってもらいたいです!

広告
広告

よかったらシェアしてってね!