絵が上手くなりたい人にクロッキーを激推しする3つの理由

こんにちは。きよせむ(@kiyose_m)です。

以前知人に「絵が描けるって相当なアドバンテージだよなぁ」と言われたことがあります。
周りが絵が上手い人ばかりの学生時代で、絵が描けることが当たり前の世界で生きてきたので、描ける・描けないの概念がなかったんですね。たしかに画力コンプレックスはありましたが、それでも描かない人よりは上手いという感じです。

そんな「絵が描ける認定」を受けた私がやっているのがクロッキーです。上手くなったのはこれをやってたからだと確信しているので、絵が上手くなるためにクロッキーをおすすめする理由を3つお話ししていきます。

クロッキーってなに?という方は、『クロッキーの始め方』をお読みください。

1.クロッキーをすると形にシビアになる

形へのこだわりが、「らしさ」をつくる

クロッキーは線描のイメージがあると思うけど、そのっていうのは「形が作られている境界」を便宜上、線で表現してるだけです。輪郭ともいいます。輪郭がビシッと決まってると、そのものらしさが出てくる。
人物の動きや顔の輪郭、それだけでらしさが出る。
クロッキーを重ねていくと、そのらしさを捉えるための線が気になってくるんですね。
形に対してすごくシビアになってきます。
例えば人物のクロッキーを全部線描でやるときにはその人の手の形や脚のラインとかそういったところに自然に目がいくし、コレジャナイ感が出れば悔しくもなります。

良い絵の条件のひとつが「らしさ」

良い絵の条件ってものすごくたくさんあるけど、そのひとつに「らしさ」があります。
人であればちょっと右肩下がってるとか、O脚とか猫背とか、そういった部分を見てただ姿勢悪いと思うんじゃなくて、それも含めてその人のかたちだから、素直に形を追うと「らしさ」が出てくる。
私は人物画がわりと得意で周りの評価も高いですが、自分が描いた絵と実際のご本人は、実はあまり似てないです。じゃあなんで評価されるのかっていうと、「らしさ」があるからです。
その「らしさ」を感じ取れるようになったのは、やっぱりクロッキーを重ねていたからなんです。

2.クロッキーで量質転化させる

量質転化ってなんぞ

「量質転化の法則」とも言われていてビジネスでも使われてるみたいですね。
たくさん量をこなしたらどこかで質的な変化が起こる!ということ。
ビジネスだと仕事の量をこなしたらやがていい仕事が出来るようになるとかそんな感じです。
私は齋藤孝さんの著書で初めて知りました。
クロッキーも、量をこなすことで質的な変化、つまり上達が出来るってことです。

数をこなして、振り返る

量・数をこなすということはある程度の期間が必要なので手っ取り早くささっと上達!ってわけにはいかないけど、確実に上手くなります。
私は高校時代の3年間ほぼ毎日帰りの電車でクロッキーしてました。
クロッキーを初めてしたときに担任の先生に言われたのは、

「自分の身長くらいクロッキー帳がたまっていったら確実に上手くなる」

今は随分処分しちゃってもう累積できないですが高校3年間で鼻の高さくらいは積めた記憶がかすかにあります
その日やったクロッキーを振り返って改善することもできるし
たまに前のを振り返ると上手くなったなーって嬉しくなります。

3.クロッキーで、美しいへの瞬発力がつく

瞬発力って?

運動で使われる瞬発力と同じです。
広辞苑↓

瞬間的にはねかえす、ばねのような力。瞬間的に発揮し得る身体(特に腕や足)の能力。

絵の瞬発力とは、

対象の美しいところを瞬時に捉えられる力

のこと。

ヌードクロッキーやるとモデルの腹筋が美しいとか、背骨の浮き出たところが美しいとかくびれのラインとか、そういったものを瞬間的に捉える訓練が積められます。

まとめ

絵が上手くなるのってそれなりにテクや定石はあるけど、結局自力がつくのはたくさん訓練を積むことだったりします。クロッキーは絵が上手くなるための手や脳をつくることができる一番楽しい訓練だし、変わったという変化が自分でわかるという何事にも代えられない喜びが得られる最短の方法でもある。
あなたもクロッキーをたくさんして、楽しく絵を描けるようになってみては?

クロッキーを始めてみたいかたはこちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

やってみよう!クロッキー

私の愛用するクロッキー帳はマルマンのクロッキーブックです

広告
広告

よかったらシェアしてってね!