【初心者向け】はじめてのクロッキーにおすすめのポーズや衣装とは?

こんにちは、きよせむです。

初めてクロッキーで人物練習してみようとしたとき、あなたはどんなポーズやモデルを選びますか?好きな服でしょうか。自分好みのモデルでしょうか。

私は、初めての人物クロッキーをするなら以下の要素をおすすめしています。

  1. 部屋着
  2. 片足に重心寄せた立ちポーズ
  3. 1ポーズ5分

この記事では、なぜ初心者にとって部屋着で片足重心の立ちポーズを5分がおすすめなのか、その理由をお話ししていきます。

1.人物練習の衣装は部屋着がよい理由

こみ入った要素が少ない

部屋着といっても、ふわふわした素材や(冬であれば)着る毛布のようなものよりは、Tシャツとハーフパンツみたいなシンプルな部屋着がおすすめです。運動着でもよいでしょう。

シンプルな衣装だと服のシワが少ないからです。あまりに凝ったデザインや変わった素材だと、ポーズをとったときに出来る服のシワが複雑になります。複雑になるということは、それだけモチーフ(モデル)の情報が多くなりますよね。

初めてクロッキーや人物の練習を行う人は、まだ観察する目が育っていません。なるべく難しく複雑な要素は無くしたほうがしっかり基礎力をつけられます。

ゆったりした服は避けたほうがベター

逆に、ゆるっとしたスウェットやワンピースは練習始めにはあまり向いていません。

ゆるっとした服は体型がわかりづらく、服の動きに意識を奪われてしまうからです。布面積が多い服をクロッキーすると、なんとなくおしゃれっぽく・センス良く見えてしまうんですね。自分が上手くなったような気分になります。

上手くなったように感じるということは、自分の正確な力量が測りづらいということです。

おしゃれ感が出る→自分が上手くなった気になる→正確な力量が測れない
このループを回避するためにもゆるい服はおすすめしないです。

2.片足重心の立ちポーズがよい理由

なぜ立ちポーズなのか

立ちポーズというのは名前の通り立った状態のポーズです。
人の体でとりあえずおさえとくべき最低限のポイントは重心と体の真ん中を通る線と肩と腰の傾きです。
体の真ん中を通る線のことを、正中線ともいいます。

立ちポーズは、人物描写のポイントとなる正中線・肩・腰がどうなってるかとてもわかりやすいからです。

自分で鏡の前に正面向きで立ってみるとわかるかと思います。腕を上げたり、片方の肩を下げたりしてみましょう。左右の肩を結んだ線が水平ではなくなります。ほんの少しずらすだけで肩の高さは変わります。

腰も同様に、片側を少し持ち上げてみると水平でなくなるのがわかります。

立ちポーズは他のポーズと比べ、人物を描くための最低限のポイントをとてもシンプルに捉えることができます。

なぜ片足重心なのか

立ちポーズのなかでも、片足に重心を寄せたポーズがよいでしょう。片足重心のポーズを早い段階で練習しておくことで、正中線の流れの意識付けを行うためです。

重心の位置が変わると正中線の流れが変わります。

さきほど立ちポーズで肩や腰の水平線をずらしましたが、今度は鏡の前に立って、重心をずらしたり、片方の骨盤の位置を上げてみましょう。わかりづらかったら簡易なジョジョ立ちを思い出してください。

体の真ん中を通る線はどうなっているでしょうか?だいぶくねくねしていますよね。
このように、重心を変えると正中線が変化します。

人体の構造知識は後回しで全然いいんですが、何枚か描いて自分のクロッキーを振り返るときに、重心の変化による正中線の流れがどうなっているかを確認できると、どんなポーズでも描きやすくなります。

3.1ポーズ5分から始めるのがよい理由

クロッキー動画だと1ポーズ30秒~20分までいろんな時間が設定されていますが、初めてやるなら5分が圧倒的におすすめです。
F6前後の紙のサイズであれば5分が妥当でしょう。

5分より短いと、人体を捉える基礎というよりは感情的なものの表現だけに陥ってしまうからです。

感情や線の赴くままにというのもすごく楽しいですし気分転換になりますが、人体練習の目的とずれてしまうので、はじめはしっかり5分で基礎を固めましょう。

10分だと、何描いていいのかわかんなくて時間を持て余すかズルズルやってしまうのどちらかになるんですね。

練習なので、ある程度の量は必要です。それなのに1枚あたりをズルズルやってたら時間がもったいない。
全身を捉える+自分が惹かれたポイントを描くことが出来るギリギリの時間が5分です。

時間についてはこちらの記事もおすすめです

初心者も必見!クロッキーは何分で描くのが適切?

慣れるまでは全身を描き切るまで5分以上かかることもあるかもしれません。

むかしのわたし
それわたしです!!

頭部から始めていくと靴まで辿りつかないというのはザラにあって、もうヤダ!!と何回も心で叫んでいた時期もありましたが、いまはそんなこともないので安心してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。おさらいです。

初心者向けクロッキーモデルの要素

  • 部屋着
  • 片足に重心寄せた立ちポーズ
  • 1ポーズ5分

簡単な条件にすることで、「できた!」の経験をどんどん増やしてもらえたらなと思います。
もしあなたが人体の知識がなくて自信がないということでしたら、『初めての人物練習で知識は後付けにしたほうがよい理由』も合わせて読んでみてください。何も知らなくても、まずやってみるのが上達への近道です。

広告
広告

よかったらシェアしてってね!